ガソリンスタンドでもアップルペイで支払える

昨年の秋からサービスがはじったアップルペイですが、
利用されている方もかなり増えているようですね。

アップルペイを利用されている方は、
モバイルSuicaをiPhoneで使いたいという方が多いと聞きますが、
アップルペイはクレジットカードを登録すると、
後払い電子マネーの「iD」が「クイックペイ」が割り当てられ、
「iD」や「クイックペイ」支払いに対応しているガソリンスタンドなら
給油代金の支払いにアップルペイも使えるのです。

「iD」と「クイックペイ」のどちらが割り当てられるかは、
クレジットカードによって分かれます。

例えば、楽天カードなら「クイツクペイ」
イオンカードなら「iD」というように。

「クイックペイ」が使えるガソリンスタンドは、ENEOS、昭和シェル、エッソ・モービル・ゼネラル石油です。

「iD」が使えるガソリンスタンドは、ENEOS、エッソ・モービル・ゼネラル石油です。

もちろん、アップルペイで支払った分に対しても、
登録しているクレジットカードのポイントやマイルが貯まります。

イオカードでETCカードの作り方

主婦の方を中心に人気のあるイオンカード。
今や、楽天カードに次ぐ人気のクレジットカードになっているようですよ。

ですので、主婦の方でETCカードを作ろうとする方で、
イオンカードの追加カードとしてETCカードを作る人も多いそうです。

イオンカードでETCカードを作ると言っても、
イオンカードはけっこう券種が多いんですよね。

一番一般的なのはイオンカードWAON一体型ですが、
イオン銀行のキャッシュカード機能が付いたイオンカードセレクトや、
Suica機能が付いているイオンSuicaカード、
JALマイルが貯まるJMBイオンカードがあります。

また、当サイトでもご紹介していますが、
イオンカードとコスモ石油とのジョイントカードである
イオン・コスモ・ザ・カード・オーパスもあります。

イオン・コスモ・ザ・カード・オーパスは、
コスモ石油で会員価格の値段でガソリンや軽油が給油できる特典も付いています。

このように、イオンカードでETCカードを作ろうとした時に、
どのイオンカードで作ればいいか迷うところも出てきます。

そういう方が参考にあるであろうサイトが
こちらの『イオンカードのETCカード 作り方・申し込みの流れ』です。

イオンカードでのETCカードの作り方はもちろんのこと、
どのイオンカードがどういう特徴を持っているかも、
詳しく説明されています。

ちなみに、イオンカードWAON一体型とイオンカードセレクトは、
ディズニーデザインのカードを選べるので、
ディズニー好きの方はディズニーデザインを選ぶといいです。

もちろん、ディズニーデザインを選んでも
ETCカードを作ることはできます。

ガソリン価格が急に値上がり

近所のガソリンスタンドのガソリン価格が、
今日になったら軒並み値上がりをしていました。

用事があって国道沿いを走り、
その時に、ガソリンスタンドの価格表示看板を見て行ったのですが、
1リットル128円〜130円になっていました。

私は、先週の水曜日にガソリンを給油したのですがも
その時には、1リットル120円でした。

値上がりしたのは昨日か今日のことだと思います。

なぜ、急に10円近くも値上がりしたのでしょうね。

新聞を飲んでいますが、
原油価格が大きく上がったというニュースも目にしていませんし、
急に円安になったわけでもないですよね。

元売り各社がガソリンの市場へ流す量を調整したということなのでしょうか?

少し前ですが、
スポット価格が上昇しているという記事を目にしましたので、
スポット市場への供給量が減っている、
ということは、ガソリンの総供給量が絞られている、
したがってガソリン価格が上昇した、
ということなのかも。

久しぶりに、1リットル130円の価格を目にしました。

これから春になって、自動車で出かける機会も増える季節ですので、
ガソリンの値段はあまり高くなってほしくないですよね。

ガソリンスタンドでアップルペイ支払い

アップルペイが日本でもはじまっていますが、
アップルペイでガソリンスタンドでの支払いもできます。

アップルペイは電子マネーの
「iD」「クイックペイ」「Suica」での支払いが可能で、
これらの電子マネーに紐付られるクレジットカードの登録が必要です。

例えば「iD」ならdカードやイオンカードが紐付られますし、
「クイツクペイ」なら楽天カード、JCBカード、セゾンカードなどか紐付られ、
「Suica」ならビューカードなどのSuica機能搭載カードがあります。
これらのクレジットカードをアップルペイに登録するとアップルペイが使えます

「iD」が支払いに使えるガソリンスタンドは、
エネオス、エッソ・モービル・ゼネラル石油ガソリンスタンドです。

「クイックペイ」が支払いに使えるガソリンスタンドは、
エネオス、昭和シェル、エッソ・モービル・ゼネラル石油ガソリンスタンドです。

「Suica」が支払いに使えるガソリンスタンドは、
エッソ・モービル・ゼネラル石油ガソリンスタンドです。

もちろん、アップルペイで支払った代金についても、
各クレジットカードをのポイントは付きます。

今年の冬は、灯油、1リットル50円スタート

なんだか急に寒くなってきました。
季節が1ヶ月飛び越したような気温です。

急な寒さに体が付いていけなくて、風邪を引いてしま下ました。

ところで、先日、久しぶりに灯油の給油をしてもらいました。

北国は寒さが厳しいので、使う灯油の量もすこぐく多いのです。

400リットル入りのタンクの残量が半分ほどになっていましたので、
200リットルの給油をして頂きました。

今年は灯油の値段はどうなってるかなと思いつつ請求書を見たら、
1リットル50円でした。

昨年と同じくらいの値段です。

これくらいの安さならすごく助かります。

数年前は1リットル100円を超えていた時がありましたからね。

それと比べると約半額です。

この安さで今シーズンの冬もお願いしたいものです。
タグ:灯油

シェルで給油する人はシェルPontaクレジットカードも検討

昭和シェル石油で給油する人が、
ガソリンや軽油が割引き(値引き)されるクレジットカードとして、
シェルスターレックスカードを検討すると思いますが、
給油割引きでなく、ポイントがお得に貰えるので良ければ、
「シェルPontaクレジットカード」も検討してみるといいです。

「シェルPontaクレジットカード」なら、
1リットルに2ポイント(2円分)のPontaポイントが貯まります。

もちろん、他のPontaポイント加盟店(ローソンなど)でも、
Pontaポイントが有利に貯まりますし、
貯まったPontaポイントはPonta加盟店で1ポイントから使えます。

シェルのガソリンスタンドで、
毎月万単位で給油するので割引きの方がいいという方は
「シェルスターレックスカード」の方がお得と言えますが、
月に1度か2度程度の給油でしたら、
「シェルPontaクレジットカード」でPontaポイントを貯めて、
ローソンなどの買い物でPontaポイントを使う、
という考え方で「シェルPontaクレジットカード」を検討してみてもいいかもです。

出光カードまいどプラスは西友の割引も

出光ガソリンスタンドで給油する方がお得なクレジットカードとして、
「出光カードまいどプラス」は一番の人気カードですが、
この出光カードまいどプラスは、
出光石油で1リットル2円割引きだけでなく、
西友での5%割引きデーもあります。

どうして出光カードまいどプラスが西友で割引きなの?
と思うかもしれませんが、
出光カードまいどプラスは、
出光カードとクレディセゾンが発行しているからなんです。

クレディセゾンはセゾンカードを発行している会社で、
系列グループに西友などを運営している会社があるからなんです。

ですので、もし、出光カードまいどプラスをお持ちで、
近くに西友・リヴィン・サニーのお店があるのでしたら、
是非、この5%割引きデーに買い物をするといいです。

毎月5日と20日は、西友・リヴィン・サニーで5%割引きですので。
タグ:割引き

東急カードもENEOS・出光でポイントがお得に

東京の東急線に乗ってPASMOを利用している方や
東急グループのお店を使う人たちにユーザーが多い「東急カード」ですが、
東急カードのポイント加盟店に「エネオス」「出光」があり、
ポイントがお得に付くようです。

東急カードは通常ポイント還元率が1%ともともと高めなのですが、
ポイント加盟店である「エネオス」「出光」はさらに1%のポイントが付くので
2%分のポイントが付くということです。

東急カードはその性質により東京や東京近郊に住む方が主な利用者となると思いますが、
東急カード会員の方は、
ガソリン給油や洗車などはエネオス・出光を利用して、
お支払いはクレジットにすると2%分のポイントがゲットできるのでオススメです。

ちなみに東急カードの年会費は、
初年度無料、2年目から1000円(税別)です。

ソフトバンクカードもほぼ全てのガソリンスタンドで使える

前回は「auウォレット」が全国のガソリンスタンドで使えということを書きましたが、
「ソフトバンクカード」もVISAが使えるガソリンスタンドでしたら支払いに使うことができます。

もちろん、GSでガソリン給油などの支払いに使った分にもTポイントが貯まります。

通常「200円ごとに1ポイント」のTポイントが貯まります。

Tポイント加盟店のGSである必要はなく、
VISAでの支払いが可能なGSでソフトバンクカードで支払えば
「200円ごとに1ポイント」のTポイントがせ貯まります。

ちなみに、Tポイント加盟店である「ENEOS」でしたら、
提示で「200円ごとに1ポイント」、
さらに、ソフトバンクカードの支払いで「200円ごとに1ポイント」となり、
合計で「200円ごとに2ポイント」のTポイントが貯まる、
ということになります。

auウォレットも全ガソリンスタンドで使える

前回は「おさいふポンタ」は、
JCBが使えるGSならどこのGSでも使えると書きましたが、
「auウォレット」はマスターカードが使えるGSならどのGSでも使えるので、
ほぼ全GSで使うことができます。

例えば、ENEOSではクレジットカードのENEOSカードしか使えないと思っている方もいるらしいのですが、
ENEOSではほぼ全てのクレジットカードが使えますし、
おさいふポンタでもauウォレットでも使えます。

もちろん、出光でもシェルでも、
どこのクレジットカードがでも使えますし、
おさいふポンタでもauウォレットでも使えます。

ただ、ノンブランドの独立系のGSの中には、
クレジットカード自体が使えないお店がありますので、
おさいふポンタでもauウォレットも使えないということになります。
タグ:電子マネー